忍者ブログ
症状を姿勢から改善する接骨院 「エール接骨院」のブログ

2018

0119
 靴の選び方

その3

踵(かかと)がしっかりした靴を選びましょう。
踵といっても
ここ(赤丸)

ではなく、


ここ(赤丸)


のことです。
なぜでしょう?


一つ質問です。
歩く時、どこが一番先に地面に着きますか?

そうです「踵(かかと)」が一番最初に地面に着きます。

でも、踵が一番最初に地面に着くことと、
踵(写真下)が硬い靴を選ぶ理由は結びつきませんよね。




では次に下の写真を見てください。 
右足の模型を後ろから撮りました。




赤い丸のところがくるぶしになります。


写真を見てわかると思いますが、
内側のくるぶしに対して外側のくるぶしが
下にあるのがわかりますか?

このような状態では踵は外側に倒れにくく
内側に倒れやすいのがわかります。

つまり

内側にねんざをしやすい

形状になっているのです。

中には、ねんざがくせになっていて足が地面に着いていなくても
すでにねんざのように曲がっている人もいます。


そこで踵部分が固い靴を履くことで踵が内側に倒れにくくなり
ねんざの予防になります。

また、人の足は外側に体重がかかりやすくなっているので、
靴でサポートすることにより足が疲れにくくなるというメリットもあります。


以上3回に分けて靴の選び方を書いてきましたが、

まとめると
・正しいサイズの靴
・ひも靴
・踵の硬い靴

を選ぶようにしてください。

足は体の一番下にある部分。
この部分がゆがむことは全身のゆがみにもつながります。

靴選びは慎重にお願いします。




PR

2017

1224
1月の休診日
7日(日)
14日(日)
21日(日)
28日(日)

1日(月)~3日(水)正月休み
8日(月)成人の日

臨時休診
19日(金)

2017

1220
靴の選び方

その2

ひもの靴を選びましょう。






えーっ!?

と言われる方も多いでしょう。



めんどくさいですよねぇ。


でも、やっぱりひもで調節できる靴の方が足にはいいのです。

なぜでしょう?

その1 ケガの予防
 たとえサイズがピッタリの靴を履いていても
 靴の中で足が動いてしまうのです。
 靴の中で足が動けば足が安定せずに捻挫をしてしまうこともあります。

その2 偏平足や外反母趾の予防・改善
 靴のひもを締めると足の内側と外側締められます。
 これにより足にアーチが形成され偏平足や外反母趾が予防できたり、
 軽度のものであれば改善されることもあります。

その3
 これはちょっと意外かもしれませんが
 「ひもをしっかり締めると靴が軽く感じる」のです。
  
 ちょっとここで実験です。
 靴ひもを用意してください。
 
 片方を靴ひもをしっかり締めます。
 もう片方はひもを緩めておきます。

 この状態で足踏みしたり、歩いてみて下さい。


 どうですか?

 靴ひもを締めた方が心持ち軽く感じませんか?
 靴ひもが緩い方が何か靴を持ち上げるような感じしませんか?

 靴と足を密着させると軽く感じるのです。

 なので、わざわざ軽い靴を選ばなくても靴ひもをしっかり締めれば
 そこまで選ぶ必要がなくなりますね。

 
 それでもやっぱりひもを締めるのが面倒くさいという方には
 最近ではチャックが付いた靴も売っているので、
 そういった靴を選ぶのも一つの手ではないでしょうか? 
 


 





2017

1219


最近は火曜日の朝は比較的空いていることが多く(^^;、

今日もモーニングに行ってきました。

今日は
おうちcafe

に行きました。

朝6時からやっている早起きの喫茶店です。

中を覗くと常連さんたちが多く、

店はいっぱいかな(>。<)?

と思って中へ入ると奥にはちゃんと席が残ってました。


店の雰囲気もよく
店員さんは明るい感じの方でした。

モーニングは写真の通りです。


患者さんの話では「ランチがとてもいいよ」

ということだったので今度はランチで行ってみようと思います(^^)











2017

1213
皆さんは普段履かれている靴をどのように選んでますか?


デザイン
軽い靴
値段
大きさ
などなど

いろいろな要素があると思います。

ここでは治療院目線での靴の選び方をお伝えしようと思います。


その1
正しいサイズの靴を選びましょう!


皆さんは正しい足のサイズご存知ですか?



足のサイズは長さだけではないですよ。

足のサイズは足の長さのほかにも幅も大事な要素になります。

よく靴の裏を見ると長さの横にEとかEEとか書いてあるのがそうです。

幅はA,B,C,D,E,EE,EEE,EEEE,F,G表記され右に行くほど幅が広くなります。


当院では足の計測をやっているのですが
約8割の方が自分の足のサイズに合っていない靴を履いていました。
中には1cm以上も大きな靴を履いている子がいました。

幅に関しても最近は楽だからとか外反母趾で当たると痛いからという理由で
無駄に幅広い靴を履かれる方も多いのですが、自分に合わない幅の靴を履いていると
外反母趾が増悪することもあるので気をつけてください。



上図の上の絵は正しい靴を履いた様子が描かれています。
下の絵は幅広の靴を履いた様子が描かれています。

人の足には3つのアーチがあるのですが幅広い靴を履くと
そのアーチがつぶれて足の幅が広くなってしまいます。

足の幅が広がっていきますが、靴の先端は狭くなっていきます。
よって足の先端だけが寄ってくることになり外反母趾や内反小趾に
なります。

なので自分の足に合わない靴を履くと、
こういった症状になるので気をつけてください。


当院では足の計測や靴のアドバイスもやってます。
お気軽にご相談ください。

名東区、藤が丘の接骨院
エール接骨院
052-726-6529
エール接骨院HP
http://yell-sekkotsu.com/








カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
エールの院長
年齢:
44
HP:
性別:
男性
誕生日:
1973/04/28
職業:
柔道整復師
趣味:
ボウリング、バドミントン、道の駅巡り
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP